マーケティングを自動化する!マーケティングオートメーションのメリットとデメリット

マーケティングオートメーションとは?

マーケティングオートメーションとは、マーケティング業務を自動化する仕組みのことです。ウェブサイトの訪問者分析、見込み客の管理や教育、キャンペーン管理、レポート作成などを通し、マーケティングの効率化を図ります。

マーケティングオートメーションのメリット

マーケティングオートメーションのメリットの一つが、人件費の削減です。マーケティングオートメーションを活用すると、手動で業務を行っていたときよりも少ない人数で同量の業務をこなせます。例えば、見込み客の教育を行うリードナーチャリング業務なら、限られた人数で多くの見込み客を育成できるようになるため、その分、スタッフ数を減らして人件費を削減できます。

ヒューマンエラーの削減もマーケティングオートメーションのメリットです。マーケティングを手動で行う場合、どこかの過程でミスが生まれ、獲得できるはずの顧客を逃すリスクがあります。マーケティングオートメーションを導入し、マーケティングをソフトやツールに任せれば、人為的なミスを回避できます。

マーケティングオートメーションのデメリット

マーケティングオートメーションのデメリットは、導入にコストがかかることです。初期費用はもちろんのこと、月額利用料や運用できるスタッフの教育費や人件費など、多くのお金がかかります。また、十分に使いこなせない可能性があることも、マーケティングオートメーションのデメリットと言えるでしょう。マーケティングオートメーションは豊富な機能を備えているため、すべての機能を使いこなせるようになるには、それ相応の時間がかかります。結局使いこなせずに、マーケティングオートメーションのポテンシャルを無駄にしてしまうこともあるのです。

マーケティングオートメーションとは、企業の人手によるマーケティング活動を自動化しコストや人的リソースの削減を実現させる仕組みの事を指します。また、自動化を可能とするソフトウェア自体を指す事もあります。